約7ヶ月ぶりに次男トーマスが帰って来ました〜〜!

  • 2015.09.02 Wednesday
  • 22:16
 

今年の2月初めから、大学前のギャップイヤーを利用して、日本に行っていた次男トーマスが、先日、ようやく帰国しました〜〜♪


IMG_0030.jpg


18歳で訪日し、そして日本にいる間に、19歳になりました♪

最初は、仕事も何もなく、住む所は、去年日本に行った時に一人で泊まった、浅草のユースホステルのスタッフとメールでやり取りして、ユースホステルでの一日3時間の掃除やベット作りの仕事と交換に、ホステルのスタッフハウスに住まわせてもらう事にし、最低限のお金だけを持って、旅立って行きました。

そして、ホステルで、2ヶ月暮らす間に(ここでも、ホステルのスタッフさんや海外から来ている人達などと沢山の知り合いが出来て、沢山の人達にとてもお世話になりながら、何日楽しく過ごす事ができました。)仕事と同時に、幡ヶ谷のシェアハウスを見つけて住居を移し、そこで、今回帰国するまで、過ごしました。


仕事は、私達が、昔、実家に帰っていた頃に、私の故郷で知り合った、アメリカ人の英語の先生の紹介で、英語の先生を日本全国に派遣する大きな会社で働ける事になりました。(飯田橋にある、真新しい高層ビルの中に職場がありました。)
そこでは、最初から、上司に可愛がっていただき、トーマスからしたら、お兄さんやお姉さんのような年齢の先輩やずーと年上の私と同じぐらいの年齢(失礼。汗)の方々にもまるで、母親のように、気にかけてもらったり、それは、それは、大事にしてもらいました。
年齢が、一番若いという事もあり、アイドル的に、可愛がってもらった様です(涙)。

仕事は、日本語を使う仕事だったので、最初は、全然分からなくて途方にくれたと言っていましたが、皆さんに助けてもらい、本人も、日本語の勉強が毎日出来るので、難しいながらもチャレンジ出来る仕事をさせていただき、やりがいがあって、すごく楽しいといつも言っていました。
とにかく、職場の人達が最高にいい人ばかりで、「俺は、本当にラッキーだ!」イギリスに帰らずにずっとここで働きたいとずっと言っていました。
そして、この職場の方々とは、プライベートでも、食事を食べに連れて行ってもらったり、飲みに行ったり、週末に遊びに連れて行ってもらったりして、ものすごくエンジョイさせてもらいました。

プライベートでも、シェアハウスで出来た友達とも沢山遊んでもらった様でした。

仕事後や休みの日には、幡ヶ谷の家から、走って代々木公園まで行き、代々木公園を3周して、そのまま走って帰って来るというのを日課にしていた様で(運動大嫌いな私の息子とは思えないほどスポーツ好きな息子です^^;)、その周辺の事も、私よりもずっと詳しくなりました(^^)。


私達は、彼の年齢もあって、イギリスにいた時は、自分の部屋にこもって、話をする事もなかった親子ですが、日本に行ってからは、びっくりするほど、ほんとーーーに、まめにLINEや電話をくれて、親子のコミュニケーションが、とても頻繁になりました。
そうはいっても、やはり、初めての一人暮らしをしかも遠い日本でさせたので、私もどうしても彼の様子を知りたくなり、私が日本に帰りたかったというのが本心ではありますが、5月から6月にかけて3週間ほど日本に行って来ました。
その時に、彼の会社の方々にもにご挨拶に行かせて頂いたりし、私と同年代の女性の方々とはメールでやりとりさせていただいたり、食事に行かせてもらったりて、私までトーマスのおかげで、新しい友人達も出来ました♪

トーマスの顔を見て、生活の様子を知った後は、私もひじょう〜に安心したので、その後は、離れていても、とてもリラックスして過ごす事が出来ました。


トーマスの幼い頃に一緒に遊んだ友人達や親戚のいる茨城の故郷にも、私と一緒に帰った1回を含め、自分でも2度ほど帰郷しました。
最後は、私の亡き画家&音楽家であった従兄弟の町を挙げてのメモリアル展に私の代わりに参加する為に、帰国直前に帰郷しました。
その際も、またいつもの様に、お友達の家や親戚の方々に沢山お世話になりました。
ちょと、びっくりしたのは、私が何も言わなかったのに、私の両親や姉の眠るお墓には必ず行って、お線香をあげてお参りをして来たとの事でした。
小さい頃から、いつも帰った時やお盆にはお墓に連れて行っていたので、彼にとっても、帰郷時は、当たり前の行動として、お墓参りがしっかり根ずいていた事、母としてとても嬉しく思いました。 亡両親、姉も喜んでくれている事でしょう。

そして、なんと、最後の数ヶ月は、日本人の彼女のNちゃんも出来て、楽しい日本での生活が、もっともっと楽しくなりました〜〜♪
すごく仲良しで、その後のLINEの会話には、Nちゃんの写真や、Nちゃんの事が多くなった事は、必然でした(笑)。 
本当に、幸せそうで、楽しそうで、大好きな日本の生活を、もう200%も満喫していました。


ですので、帰国をするのが辛くて、会社を辞めるのも(会社の方々には、もう3回以上送別会を開いてもらったそうです!)幡ヶ谷のシェアハウスを引き払うのも、寂しい寂しいと言っていましたが、とうとう、帰国の時が来てしまいました。

Nちゃんと離れ離れになる事や、大好き過ぎて、ずーと住みたいと思っていた日本から、イギリスに戻らなければならないトーマスの悲しい気持ちを考えると、母としても辛かったですが、やはり、こちらの大学での勉強が待っているので、可哀想ですが、仕方がありません。
こういう気持ちを持つ事も、人生経験の一つと、私も自分に言い聞かせました。



という事で、悲しみの帰国を果たしたトーマス。
行く前は、きっと帰って来るのが、待ちどおしく、イギリスを恋しがると思っっていましたが、それは、全くありませんでしたー!(笑)

帰国後、一番初めに食べたいものは、やはり、バーガーでした〜。(笑)

IMG_0035.jpg





見た目は、7ヶ月前とほぼ、変わりませんが、こんな素晴らしい経験をしてきた彼の中身は、行く前の何倍も何倍も大人になっている事でしょう。

IMG_0033.jpg


帰国後、早々から、「あー、日本に帰りてー!」って言っている彼ですが(母も、帰りたいです。笑)、そうはいっても、まだ19歳。 大学生活が始まれば、それはそれで、最高にエンジョイするはずです。
そして、大学卒業後にまた日本で生活する夢をもって、頑張って勉強に励んでください。
日本語も、素晴らしく上達して帰って来ましたが、大学生活で忘れない様に、自分で勉強を続けて欲しいと思います。


自分の息子が、大きくなったら、日本で暮らして、日本を好きになってもらいたいと思って子育てをしてきた私の夢は、次男トーマスによって、すんなりと叶えてもらいました。
母は、あなたが日本で生活して、沢山の人生経験が出来た事を本当に嬉しく思います。
そして、「かわいい子には旅をさせろ」 私とエイドリアンが、望んだ以上に、頑張って来た息子の事を、心から誇りに思う、私達です。
「トーマス、よく頑張って来たね。でかした!」



そして、今後の彼の人生において、大きな大きな、第一歩となる素晴らしい経験をさせていただく事が出来たのも、ひとえに、日本で彼がお世話になった沢山の皆様のおかげに他なりません。

ユースホステルのスタッフの方々と住人の方々。
インターラックの上司や先輩の皆様、
シェアハウスのお友達。
親戚の皆様。
故郷でのお友達とそのご家族の方々。
私の友人のKさんやFさん。
そして、可愛らしい彼女のNちゃんとご家族の皆様。

母の私からも(このブログ上からで失礼ですが)、日本での、数々のご親切、本当に、本当にありがとうございました。 感謝の言葉もございません。
おかげさまで、トーマスは、何倍も、大人になって帰って参りました。
皆様の数々のご親切に報いるためにも、これから、大学で、頑張って勉強する事でしょう。

これからも、トーマスの良き理解者、お友達でいてください。
そして、今後もトーマスの事を、どうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m


PS。。。。 トーマスが、帰って来た早々、冷蔵庫の中身の量が5倍になり、減る早さも5倍になりました。。。。(汗)



いつもお読みいただきありがとうございます♪
日本ぶろぐ村のランキングに参加しています。応援心から感謝しております!
お手数ですが、お帰りの前にワンクリックしていただけると、大変嬉しいです。😍
   ↓↓↓      
  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
  にほんブログ
******諦めていませんか?ご自宅のテーブルが劇的に変わる出張テーブルコーディネート******

ご自宅のテーブルで、お持ちの食器等を使った出張テーブルコーディネートレッスン。 随時お受けさせていただいております♪
詳細はこちらです。、お申込みはこちらのブログのお問い合わせよりお願いいたします。 
***************************************************


 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

優美のテーブルコーディネートや「優美ロンドン」手作りリネン&セレクト販売などに関するブログのほうも、よろしかったら覗いてみてくださーい♪
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


コメント
ウメもも、コメントお久〜〜です。

やー、トーマっちゃん、お帰りなさい〜〜〜
てか、日本から言うと、帰っちゃったのね〜〜。
かなりの酷暑日本だったのに、
シェアハウスでよくやっていたよね。
多分、いろいろなはじめての体験・経験を経て、
本当に日本が楽しかったんだろうね!!
日本人のお母ちゃんみょうりに尽きるのも良くわかります。
カワイイ子に良く旅をさせたよね。
(まあ、させれば堂々と自分が日本にいけるしね・
来たしね・爆)(笑)

とにかく無事だったのも良かったね!!
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • おいで頂きありがとうございました。 2019年、優美ロンドンの新年会の様子♪
    優美ロンドン (01/28)
  • おいで頂きありがとうございました。 2019年、優美ロンドンの新年会の様子♪
    YUKI (01/28)
  • 和食のポットラック女子会〜♪
    優美 (09/10)
  • 和食のポットラック女子会〜♪
    七曲り (09/09)
  • キャ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!! 悲劇です!(大泣)
    七曲り (06/30)
  • やっと改装終了しました〜〜!!
    優美 (04/18)
  • やっと改装終了しました〜〜!!
    七曲り (04/17)
  • これだから持ち寄り女子会は楽しくて止められません〜〜♪
    優美 (04/07)
  • これだから持ち寄り女子会は楽しくて止められません〜〜♪
    未来 (04/07)
  • これだから持ち寄り女子会は楽しくて止められません〜〜♪
    優美 (03/29)

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM